あなたが仕事をする理由

あなたはなぜ仕事をし続けているのか

私たちが仕事をする理由とは、そもそも何でしょうか?

私たちが仕事をする理由

じつは、これは、日本人と西洋人とでは、全く基本になる部分が違います。
それが、宗教感にあります。

キリスト教文化圏においては、仕事とは、罰則です。

人類は、エデンの園を追われた為に、額に汗して働かなければ食料を手に出来なくなる。つまり、働くということは、神から与えられた原罪なのです。

だから、キリスト教文化圏では、お金持ちになって、働かないで過ごすことがこの上もない憧れとなります。だから、働くことの目的は、働かないで済むようになることです。

ところが、仏教圏では、日々の生活が修行であり、働くことは、悟りへの道となります。そうなると、一生働くことができることが、幸福であり、働くことで悟ることが目的になります。

さらに日本の場合には、神道が底流にあって、自然の中で生かされているのであって、自分自身が、この世界の一部として役割を担って生きている。

こうした感覚があります。

もちろん、何が正しいということはありません。

「自分はどうなりたいのか?」
「何のために、生きていくのか?」

それだけの事なのです。

結局のところ、人が生きていく上でここの部分を持っているかどうかで、生き方が全く変わってきます。

一度きりの人生で何をするのか

私たちの人生において、仕事とは何でしょうか?

一日の1/3以上の時間を費やして、何のために、働いているのでしょうか?
もちろん、日々の生活の糧を得る為であることは、間違いありません。

しかし、人生とはたった一回きりなのです。小さく生きることもできるし、大きく生きることもできます。全ては、自分で選択して、自分でその結果を受け取る世界です。

あなたは、この人生を使って、何をしていきたいのか?
ここを考えてみてください。

その先には、天命とは何か?
自分の使命とは何か?
そして、生きるとは何か?
さらには、天職とは何か?

こういったことが透けて見えてきます。
それが見えて来たら、働き方が変わってくるのです。

人の心の美しさをだしつくす

私たち日本人が働く理由は、お金儲けだけではありません。
多分、もっと他に重要な事があるはずです。

つまり、ただお金を稼げばいいのでもなく、あなたの生き方そのものが反映するような、そんな、働き方を目指していくことです。

私の尊敬する経営思想家である岡田徹氏の書いた文章に次のようなものがあります。

 繁盛しようと
 思うことはない
 思うべきは
 今日もまた人の心の美しさを
 わが商売の姿と
 したいことである

私たちが、仕事をする目的は、金儲けではなく、人間としての美しさを表現する為です。これは、決してきれいごとではなく、そのほうが、むしろ顧客の支持を得て、会社やお店は繁盛していくのです。

同じ岡田氏の文章に次のようなものものあります。

 商売とは
 人の心の美しさを
 だしつくす業(なりわい)
 あなたの商人の姿に
 前だれをかけた
 み仏(ほとけ)をみたい

小さな会社や個人商店の社長は、毎日修行をしているようなものです。あなたの人間としての成長が、あなたの会社やお店の成長そのものなのです。

大きくすることが目的ではない

それは、決して、形が大きくなるということではありません。いくら会社という器が大きくなったとしても、中身がスカスカでは、ダメなのです。

小さいけれども、素晴らしい社長やっている仕事として、世の中の人が評価をする。そんな経営を、して欲しいのです。

その為に大事な事は、社長であるあなたが、商売という修行を通して、人間として、成長していくことなのです。

会社をただ大きくするのではなく、かかわった人達(お客さんも社長も社員も)すべての幸福を目指すことが、小さな会社や個人商店を経営する最終目標です。

だからこそ、それぞれが持って生まれた役割に、基づくビジネスを作ることが可能になるのです。

これこそが、「天職」のビジネスです。

お客さんとのつながりの中で、お客さんに喜んでもらい感動してもらう。その結果として、商品が売れていく。これこそが、小さな会社の戦略が最終的に目指す世界なのです。

関連記事

  1. 仕事は私たちを幸福にはしてくれない

    社長は仕事だけを優先しないほうがいい

  2. 「売る」ことが顧客を「幸せ」にする

    売り込むことが商売だと勘違いしていませんか

  3. 社長の覚悟がビジネスの成果に直結する

    小さな会社の社長は人に任せずに懸命に売りなさい

  4. 社長は命をかけて商売をし社員を守る

    小さな会社の社長は経営に命をかける

  5. 集客さえできればどこでも生きていける

    集客ができれば小さな会社の経営は簡単になる

  6. 商品に対して思い入れをし過ぎない

    顧客が本当に必要なものを見極める

error: Content is protected !!