新規客を集める時期を理解っていますか

暇になるから何か販促をしなければ

会社やお店の売上は「ニーズ」によって引っ張られています。
つまり売上が高い時期は、お客さんが集まりやすい時期ということもできるのです。

だからこそ、忙しい月にこそ、新規客を集める努力をするべきです。

しかし、ほとんどの経営者が暇な時期を何とかしなければと思い、そのタイミングで思いついたように販促を行って、その結果、経費をドブに捨ててしまうことになっているのです。

【参考記事】:

いつ集客をしたらいいのか

では、あなたが仮に、飲食店を経営していたとして、新規客を集めやすい時期はいったいいつでしょうか?

これは、当然、忙しい月になります。
一般的には12月や8月ということになります。

その理由は簡単で、例えば、釣りをする時に多くの人が明け方に行くのは、その時間帯のほうが昼間よりも魚が多いからです。

昼は魚があまりいない。
明け方が魚が一番多い。

同じ餌、同じ竿を使うのであれば、当然のことながら、魚の多い時間のほうが絶対に釣れるのです。逆に言うのなら、そこに魚がいなければ、決して魚は釣れません。

魚がそこにいなければ100%釣れるわけがないのです。

では、いつ新規客を集めればいいのでしょうか?

これは間違いなく、忙しい月にこそ、新規客を集めるべきなのです。
つまり売上が高い時期は、お客さんが集まりやすい時期でもあるのです。

飲食店であれば、多くの行事がある月が、当然、売上が高くなります。
この時期には、お客さんがたくさん集まっている。
そういった「現象」が起きているのです。

その理由はなんであれ、そこで釣り(集客)をしないで、いつするのでしょうか?

つまり、売上の高い時期にタイミングを合わせて、新規集客を行えば、反応が高くなるということです。

暇だから販促をするのは間違い

しかし、多くの会社やお店が、このタイミングを間違えるのです。

「2月は暇になるから、何か販促をしなければ」

こう考えてしまいがちなのです。

では、2月はなぜ暇なのかを考えてみてください。
2月は消費者にとって買う必要性(ニーズ)が少ないから暇なのです。

誰でも、毎日外食して食べたい(ウォンツ)ですが、全員が、毎日外食ができるほど裕福な暮らしをしている訳ではありません。

必要性が無ければ、やはり我慢するのです。

そんな時期にいくら割引チラシを配っても、いつもより、反応が悪くなるのは当然なのです。

セブンイレブンの挑戦

しかし、
「当然とはいっても何とかしなければ。」

そう考えて行事を作ってしまった会社があります。
それがセブンイレブンの「恵方巻」です。

この恵方巻は1989年にセブンイレブが仕掛け2000年代以降に急速に広まったのです。

実際に、それ以前に「恵方巻」という行事は一般的に存在していません。
つまり、節分に「恵方巻」を食べるという行事をセブンイレブが作り出したのです。

その理由は、おそらく2月の閑散期の売上を高くしようと考えたからです。

しかし、こういった行事を新しく作るということは、膨大な宣伝キャンペーンが必要で、しかも、長期間にわたって浸透させる必要があります。

あなたの会社やお店が、セブンイレブンほどの資金力があれば別ですが、そうでなければ、行事を作ることなど現実には不可能です。

普通は、多くの会社やお店が暇な時期を何とかしなければと思い、そのタイミングで販促をして、その結果、経費をドブに捨てているのです。

ここで、もう一度コトラーの言葉を、思い出してみてください。

ニーズ(Needs)とは、

「人間が生活上必要な、ある充足状況が
 奪われている状態(欠乏状態)のこと」

ウォンツ(Wants)とは、

「ニーズを満たすための、
 特定のモノが欲しいという欲望のこと」

繁忙期が偏っている理由は、多くのお客さんが「ニーズ」をきっかけに商品を購入しています。

つまり、行動を起こしやすいということです。
だったら、そこで集客するのが正しいのです。

関連記事

  1. お客が2倍に増えれば売上も2倍になる?

    経営者はなぜ値引きに走るのか

  2. 発信する総てのメッセージを統一する

    あなたの発信するメッセージは統一されているか

  3. コンビニはなぜここまで浸透したのか

    小さな会社が売れる商品を作るポイント

  4. 売り込まなければ誰にも知られない

    少ない予算でテストマーケティングをしよう

  5. ビジネスの仕組を構築する

  6. 商品を売りたければしっかりと考えること

    商品を売る時は「誰に何を売っているか」を意識する

error: Content is protected !!