信念と情熱があなたのお店を繁盛させる

小さなお店の戦略には、「信念と情熱による経営 」というものがあります。

非常に抽象的な部分なのですが、小さなお店や個人事業というのは、経営者がそのままお店の顔です。
その顔を中心にしてビジネスを組み立てるということになります。

戦後の発展を支えたのは情熱と信念による経営

じつは、経営者がお店の顔とは、決して珍しいものではありません。
むしろ、戦後の日本の復興を支えてきた名経営者たちは、ほとんどが、そうだったと言えます。

松下幸之助、本田宗一郎といった、伝説の名経営者は情熱と信念による経営を行ってきたのです。

しかし、会社が大きくなるとともに、その中心にあるものが、どんどんと薄まってきます。
いまのパナソニックやホンダを見て経営者の顔が浮かぶ人は、おそらくいないでしょう。

会社というのは生き物なのです。
身体が小さいうちは、経営者の意思がすべてです。
しかし、大きくなるにつれて、勝手に独自の方向へ進みだしていきます。

最初は

「経営者(創業者)の理念と情熱」

だったのが、経営者の意思とは関係なく、多くの人の思惑で動き出してしまうのです。

それは、社員であったり、株主であり、経営者の意思はどんどん薄められていきます。
こうすると、その動きは市場原理や投資家の思惑に左右されて、当初の姿を失っていきます。

これが、今の日本の企業の姿なのです。
もちろんこれが悪いと言う訳ではありません。

しかし、その反対の考え方も存在するのです。

アイディアと情熱に生きる

つまり、最初から大金を集めない、拡大を目指さないという戦略です。
こうすることで、経営者のアイディアと情熱と、そして、信念を中心にしたビジネスが成り立っていきます。

そうすれば、本当に情熱を感じることをビジネスとし、充実した毎日を過ごすことができるようになるのです。
そのことで、あなたは、さらに創造的なアイディアを得ることができ、ビジネスが良い循環で回っていくようになります。

さらに、顧客を使命を果たすための相手だと捉えて、信念を持って顧客と付き合い、ビジネスを通して人生の目的を果たします。

これが、

「経営者の信念と情熱による経営」

という小さなお店の戦略となります。
歴史的に日本人のDNAに組み込まれた強みでもあり、戦後の日本が奇跡の復活を遂げた原動力でもあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

日々雑感

  1. あなたは無意識に人生を作っている

    決断すれば人生は変えられる

    あなたは無意識に自分の人生を作っている 多くの人が、なぜ自分の人生が問題だらけなのだろうかと思って…
  2. 何かで起業したい!そうだ占い師になろう!

    私のコンサルのクライアントは、多くの業種業態に渡っています。 そのなかに、じつは占い師の方が3人…
  3. 自由が欲しければ覚悟が必要になる

    自由が欲しければ覚悟が必要になる

    自由には必ず代償が伴う いつも書くことなのですが、私は、この文章を読んでいる人に、自分の足で立って…

人気記事Best10

井上 剛(ごう)

運命を開く言葉

  1. 新しい物を受け入れる前に古いものを捨てて場所を空けておく

    新しい物を受け入れる前に古いものを捨てて場所を空けておく

    両手いっぱいに荷物を持って さらに、もっと物を欲しがっても 手に持つことはできません。 …
  2. 何かに躓くのは考え方を変える暗示である

    何かに躓くのは考え方を変える暗示である

    物事がうまくいかない 問題が起こる こういったときには、 最初に自分の考え方が …
  3. 他人がどう思うかではなく自分がどうしたいかである

    他人がどう思うかではなく自分がどうしたいかである

    他人の意見や、評価ばかり気にして 右往左往している人がとても多くいます。 そして、他人がこう…
  4. 間違いや失敗を受け入れられる人は成長できる

    間違いや失敗を受け入れられる人は成長できる

    間違いや失敗の無い 人生などありえません。 生きていれば、かならず そういうことが起こ…
  5. 行動しない人にかぎって人の成功を批判する

    行動しない人にかぎって人の成功を批判する

    他人の批判をする人ほど 自分では何も行動できません。 行動できないから悔しいのか それ…
  6. やる気がなくてもまず行動する

    やる気がなくてもまず行動する

    成果を出せる人と出せない人の違いは 行動出来るかどうかです。 文章を書く仕事であれば、 …
  7. 去り行く全ての人と物とに感謝出来た時に、新しき人と物が現われる

    去り行く全ての人と物とに感謝出来た時に新しき人と物が現われる

    「何かが去っていった時には  そこには次のものが用意されている」 いろいろなところで、 …
にほんブログ村 経営ブログへ

ページ上部へ戻る