信念と情熱があなたの会社を繁盛させる

小さな会社の戦略には、「信念と情熱による経営 」というものがあります。

非常に抽象的な部分なのですが、小さな会社や個人事業というのは、経営者がそのまま会社の顔です。
その顔を中心にしてビジネスを組み立てるということになります。

戦後の発展を支えたのは情熱と信念による経営

じつは、経営者が会社の顔とは、決して珍しいものではありません。
むしろ、戦後の日本の復興を支えてきた名経営者たちは、ほとんどが、そうだったと言えます。

松下幸之助、本田宗一郎といった、伝説の名経営者は情熱と信念による経営を行ってきたのです。

しかし、会社が大きくなるとともに、その中心にあるものが、どんどんと薄まってきます。
いまのパナソニックやホンダを見て経営者の顔が浮かぶ人は、おそらくいないでしょう。

会社というのは生き物なのです。
身体が小さいうちは、経営者の意思がすべてです。
しかし、大きくなるにつれて、勝手に独自の方向へ進みだしていきます。

最初は

「経営者(創業者)の理念と情熱」

だったのが、経営者の意思とは関係なく、多くの人の思惑で動き出してしまうのです。

それは、社員であったり、株主であり、経営者の意思はどんどん薄められていきます。
こうすると、その動きは市場原理や投資家の思惑に左右されて、当初の姿を失っていきます。

これが、今の日本の企業の姿なのです。
もちろんこれが悪いと言う訳ではありません。

しかし、その反対の考え方も存在するのです。

アイディアと情熱に生きる

つまり、最初から大金を集めない、拡大を目指さないという戦略です。
こうすることで、経営者のアイディアと情熱と、そして、信念を中心にしたビジネスが成り立っていきます。

そうすれば、本当に情熱を感じることをビジネスとし、充実した毎日を過ごすことができるようになるのです。
そのことで、あなたは、さらに創造的なアイディアを得ることができ、ビジネスが良い循環で回っていくようになります。

さらに、顧客を使命を果たすための相手だと捉えて、信念を持って顧客と付き合い、ビジネスを通して人生の目的を果たします。

これが、

「経営者の信念と情熱による経営」

という小さな会社の戦略となります。
歴史的に日本人のDNAに組み込まれた強みでもあり、戦後の日本が奇跡の復活を遂げた原動力でもあるのです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!