小さなお店の戦略が目指すもの

小さなお店の戦略が目指すもの

日本の99.7%と言われる中小零細企業、つまり小さなお店は社員が家族です。

10人を超える家族もあれば、たった2人だけの家族かもしれません。
その家族を守るために中小零細企業の経営者は、皆命をかけています。

これって、誇張でもなんでもなく本当にそうなんです。
売上の不振に悩み、資金繰りに苦しむ。
そして眠れない毎日が続く。

私も、夜中に変な汗かいて、飛び起きたことも何度もあります。

小さなお店の経営者は命がけです

100人を超える家族もあれば、たった2人だけの家族かもしれません。
その家族を守るために、最後には自分の命と引き換えにしてでも社員を守ろうとします。

私も、自分の会社に社員を多く抱えていたときは、この社員達の為にと命張ってました。

会社が経営不振に陥ってどうしようかと悩んだときには、本気で生命保険で、どうにかしようと考えたこともあります。
つまり、自殺がつい頭をよぎるんです。

なにせ、自分に何かあった時の為に、億単位の保険をかけていたんですね。
(これはある意味間違いだったんですが・・・)

それぐらいマジで命懸けなんです。

良い悪いは別にして、経営者はそうでなくてはいけません。
それこそが、小さなお店の経営者なのです

家族は族、小さなお店や会社も族

家族って、族なんです。
だから、中小零細企業も族なんです。

族の頭は、メンバーを守る為に命を張ります。
メンバーはそれに人生をかけます。
これが、中小零細企業の本当の姿です。

小さなお店の経営者は命懸けです

そして、本気で命を掛けて取り組んでいる小さなお店の社長さんが、私は大好きです。

私がこれまでで、最も、後悔していることが、こういった思いを社員に伝えてこなかったことです。

「俺は、この会社に命掛けてる。
 あなた達の人生と生活を守る為に
 命掛けて仕事してるんだよ。」

これを伝えられませんでした。

なんとなく、口に出すのが恥ずかしかったんですね。
でも、この思いは本気でした。

しかし、ただ思っていただけでは伝わりません。
これは、恋愛と同じです。

思いはしっかりと伝えるほうがいい

いま、小さなお店を経営している方は、ぜひ、自分の思いを社員の方に伝えてください。
「おれは、命掛けてるよ」って

社員の方は、経営者のこういった思いをなんとか汲み取ってあげてください。

そして、私はそんな経営者を心から応援したいのです。
そんな私の経験と知識から作り出した小さなお店の為の経営戦略が小さなお店が取るべき戦略なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

日々雑感

  1. あなたは無意識に人生を作っている

    決断すれば人生は変えられる

    あなたは無意識に自分の人生を作っている 多くの人が、なぜ自分の人生が問題だらけなのだろうかと思って…
  2. 小さなお店を作り好きな事を仕事にしよう

    ここでお伝えしたいことは、 「小さなお店を作りましょう」 ということです。 小さなお店を作ろう…
  3. 起業したいけどできない理由

    起業は必ずできる よく、起業をしたいけどなかなかできないという話を聞きます。 こういう人はおそら…

人気記事Best10

井上 剛(ごう)

運命を開く言葉

  1. 夢を実現できる人の特徴

    夢を実現できる人とは未来から現在を見ている

    夢を実現するためには、 まず、その実現した状態を具体的に考え そこに到達するためのステッ…
  2. 自分を売り込むことができなければ、才能があっても誰にも気づいてもらえない

    自分を売り込むことができなければ、才能があっても誰にも気づいてもらえない

    よく、自分はこんなに努力しているから あるいは、こんなに才能があるから きっと、いつか見…
  3. 何かに躓くのは考え方を変える暗示である

    何かに躓くのは考え方を変える暗示である

    物事がうまくいかない 問題が起こる こういったときには、 最初に自分の考え方が …
  4. 異議ばかり唱える人はそれに比例して苦悩もふえる

    異議ばかり唱える人はそれに比例して苦悩もふえる

    何かにつけて文句を言うことが 良いことだと勘違いしている人が 世の中には多くいます。 …
  5. あなたの生涯とは日々の選択から成り立っている

    あなたの生涯とは日々の選択から成り立っている

    人間は誰であっても、 先を見すぎる傾向があります。 先を見すぎて、 今が見えなくなるの…
  6. 未来は期待するか、心配するかで違ったものになる

    未来は期待するか、心配するかで違ったものになる

    人間はどうしてもネガティブなものに 眼を奪われがちになります。 感じる恐怖が大きいほど、 …
  7. 失敗しない人などいない

    失敗をしない人などいない

    失敗をしない人間は この世に存在しません。 誰であっても、何かをすれば 必ず失敗するこ…
にほんブログ村 経営ブログへ

ページ上部へ戻る