会社を長続きさせることが目標

商売は長続きすることが目標

小さな会社や個人事業の最大のポイントは、「長続きする 」ことです。

一時的に、どれだけ儲かったとしても、それが一時であれば、あまり意味がありません。

ここが解かっていなくて、世の中には、一世を風靡したにもかかわらず、数年後には、落ちぶれてしまう人が後を絶ちません。

これは、長続きさせることを視野に入れていないで、いつまでも同じ状況が続くと勘違いしてしまうからです。

商売を長続きさせる方法

どうすれば、商売が長続きするかというと、まず、自分の強みに特化し、自分らしい商売を展開すると、自ずとその商売は長続きしやすくなります。

これを、顧客の要望に合わせて無理に商売をしようとすると、自分自身を満足させることができないため、結局、長続きしません。

つまり、「ニーズから構築する」のではなく、「使命や生きがいから商売を創造する」ことが、長続きさせる一つの方法になります。

しかし、ここで、次のように疑問に思うかもしれません。

「ニーズがあって初めて商品が売れるんじゃないだろうか?」

これは、確かに間違いではありません。

しかし、このようなニーズから商売を作ってしまうと、常にお客様のわがままに振り回される上、ライバルが多く出現して、結局、苦労しなければ売れないという状況になりがちなのです。

現代の仕組みが長続きさせる

そこで、自分が何をどうやって提供したいかを明確にして、それに見合う顧客を集めるという方法を取ります。

その上で、顧客ニーズに合わせた商品やサービスを提供するのです。

これは、インターネットが発達した、今だからできる手法で、日本全国に安価でアプローチできるようになったからこそ、こうした考え方が可能なのです。

逆に、これまではこのような安価な情報提供媒体がなかったために、自分に合うお客さんだけで成り立たせることができませんでした。

インターネットの普及はこれらを可能にし、これまでできなかったビジネスモデルを可能にしてくれたのです。

このように、自分の強みに特化し、自分らしい商売を展開すると長続きしやすくなるのです。

会社を長続きさせることが目標

商品には終わりがある

ただ、ここで間違えないでいただきたいのは、商売は長続きしますが、商品自体は長続きはしません。

これは、どのような商品であっても、避けられないことです。

すべての商品には、寿命があって必ず終わる時がきます。これは、どのように優れた商品であっても、避けられないことです。

時代や環境、そして、お客様の変化によって、全ての商品は必ず寿命が来てしまいます。ですから、商品は次々と開発し、お客様のニーズに合わせて、商品を変えていく事が重要になります。

しかし、その基本は自分の強みに特化し、自分らしいビジネスの上にある商品なのです。

つまり、このような、考え方そのものが重要で、こうすることで、商売が長続きすることができるようになるのです。

100年企業を目指す

日本には、現実に、長続きしている会社が非常に多くあります。

数百年程度の歴史の企業はざらで、東京商工リサーチによれば、100年以上存続している企業は15,000社を超え、個人商店まで含めると10万社以上になります。

世界最古の会社と言われる金剛組は1500年以上続いています。
そして、特筆すべきことは、これらのほとんどが、グローバル企業ではありません。

会社というのは、拡大すればするほど、環境の影響をもろに受けます。
だから、大きな会社やグローバル企業ほど、長続きしにくくなります。

もちろん例外はありますが、老舗と言われるところは、拡大を選ばずに継続を選んだ会社なのです。

そこには、自分の仕事に対する確固たる自信と信頼があるのです。

ある意味、こうしたビジネス戦略は、いたって日本的な、いやそれどころか、日本独自のものといっていい戦略なのです。

error: Content is protected !!