小さなお店の戦略がこれからのスタンダード

小さなお店の戦略がこれからのスタンダード

誰もが低コストで全国に向けて情報発信ができる

インターネットの普及によって、誰もが低コストで日本全国に向けて情報発信ができるようになりました。
では、この「誰もが低コストで日本全国に向けて情報発信ができる」とは、どのような意味を持つのでしょうか?

これはビジネスにおいては、すべてのニッチ市場に誰もが参入できるということです。
つまり、近くにはほとんどいないであろう顧客に向けての商品であっても、日本全国には必要な利益を得ることができるくらいのマーケットがあるということです。

1県に100人しかいない顧客の為の商品でも日本全国であれば4700人になります。
これが、世界に向けたらもっと大きくなります。

これまでのビジネスとは、最大公約数のニーズに対して商品を開発して売るということでした。
つまり、なるべく多くの人に対して、商品を売るための方法が取られてきたのです。

これは、ごく狭いニッチ市場で商売しようとすると、広告コストや配送コストがかさみ、利益を出すことが難しかったからです。
そして、そのような市場には、効率的に商品を売る方法がなかったために、結局最大公約数のニーズのある商品を売るしかなかったのです。

しかし、今ではそれが簡単にできるようになっています。
そうなると、顧客の要望に100%こたえる商品を売ることができるようになります。

これが、これからのビジネスモデルであり、私は小さなお店の戦略と呼んでいます。

拡大を目指すことはできないビジネス

しかし、このビジネスでは利益をどんどん拡大していくことはできません。
一定のところで売上げが頭打ちになっていきます。(これは、市場が小さいのですからしかたがありません)

しかし、逆にいえば競争相手が多く出る市場ではありませんから、激烈な価格競争が起きることもありませんので、無理なコストダウンなど必要もありません。
だからと言って、大きなコスト構造を抱えてしまうと、そのコストを維持できるだけの利益を確保することもできないのです。
ということは、会社を大きくすることをあきらめなければいけないのです。

つまり、資本主義的な考え方のビジネスでは、対応できないのがこれからのビジネスです。
そして、反対に小規模企業や個人事業にとっては、小さなお店の戦略を取ることで、巨大なチャンスが存在するということなのです。

インターネットを活用することで格差がなくなる

これを端的に言い表しているGoogleアジア太平洋地域社長の話を取り上げてみます。

以下、抜粋です。

「今やアジア太平洋地域の中小企業は、大企業と同じ土俵で戦えるようになりました。
 例えば、15年前にフィリピンで起業した人は、新聞やテレビで広告をするには多大な費用が必要となり、
 誰が広告を見たかを把握するのは雲をつかむような話でした。
 これに対して現在は、PPC広告を使えばテレビCMの数十分の1の予算で世界中のネットユーザーに
 情報を発信できます。
 地域やキーワードを絞って配信したり、広告の反応を把握することも容易なのです。
 あらゆる企業にチャンスが与えられる時代になり、とりわけスモールビジネスを始めるのは今がチャンスです。
 これまでアジア地域では財閥などの大企業が寡占してましたが、ネットによってスモールビジネスが
 後押しされるようになっりました。
 例えば、インドでお土産をネット販売するChumbak社は、PPC広告を出稿したことで、
 海外の購入者が増加しただけでなく、日本で商品を販売するまでに業務を拡大しています。
 香港でタトゥーショップを営むTattoo Temple社もPPC広告を展開した結果、
 輸出できない商品であるにもかかわらず、海外からの引き合いが増えたといいます。
 インターネットを活用すれば顧客を探せるし、物流を考慮せずに製品を届けられます。
 大きな投資は不要で、大量の商品在庫を抱える必要もありません。
 もはや工場で大量に作った商品を店舗に並べて買ってもらうのを待つ時代ではないのです。
 スモールビジネスはいまや世界中の顧客を相手にすることができ、つまり巨大なビジネスとなっているのです。
 さらに、スモールビジネスは、クラウドサービスを活用することで、
 運営コストを抑えられるようになりました。
 それは農業や医療、ラーメンであっても、あらゆる産業に当てはまります。
 中小企業はインターネットを活用することで、従来の伝統企業との差がなくなる時代なのです。」

一部を抜粋しましたので、少し変な文章ですがそこは我慢してください。

小さなお店や個人事業にとって最もいい時代

さて、ここで述べられていることは、いまは、小さなお店や会社、そして個人事業にとって、最もいい時代になったということです。

それは、インターネットの環境が、小さなお店や個人事業にとって追い風となり、大企業とガチンコで戦える環境をもたらしているということです。

こうなると、じつは、大企業より強いのが小さなお店や個人事業です。
なんたって、コストがかかっていません。

ただ、ここに気づいているかが重要です。

小さなお店や会社、個人事業の経営者が、小さなお店の戦略を取っていけば、今後の世界のビジネスのスタンダードになっていくのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

日々雑感

  1. 小さなお店で起業する方法

    小さなお店で起業する方法

    自分のやりたいことを自由にやる為には、個人事業で行くか、小さなお店や会社を作って起業するのが一番です…
  2. あなたは無意識に人生を作っている

    決断すれば人生は変えられる

    あなたは無意識に自分の人生を作っている 多くの人が、なぜ自分の人生が問題だらけなのだろうかと思って…
  3. 自営は本当に苦労だけなのか?

    自分の力で稼ぎ生きていくこと

    自営は本当に苦労が多いのか? 自分のビジネスを立ち上げれば、功績を築く、富を築く、社会の向上に貢献…

人気記事Best10

井上 剛(ごう)

運命を開く言葉

  1. 運気を上げる方法はいい気持ちになることを考える

    運気を上げる方法はいい気持ちになることを考える

    いい気持ちでいると、 いい運が寄ってきます。 では、そこそこの気分の場合は、 どうかと…
  2. 行動しない人にかぎって人の成功を批判する

    行動しない人にかぎって人の成功を批判する

    他人の批判をする人ほど 自分では何も行動できません。 行動できないから悔しいのか それ…
  3. 去り行く全ての人と物とに感謝出来た時に、新しき人と物が現われる

    去り行く全ての人と物とに感謝出来た時に新しき人と物が現われる

    「何かが去っていった時には  そこには次のものが用意されている」 いろいろなところで、 …
  4. 過去の人生を客観的に見つめ直して生き方のクセをみつける

    過去の人生を客観的に見つめ直して生き方のクセをみつける

    人間は誰もが、 生き方のクセを持っています。 自分の過去を振り返ってみると 同じような…
  5. 変化は人生の常であるから怖れることではない

    変化は人生の常であるから怖れることではない

    人は変化を怖れます。 しかし、変化しないものなど この世の中には存在しないのです。 だから…
  6. 自分が思っているほど他人は見ていないし気にしていない

    自分が思っているほど他人は見ていないし気にしていない

    誰もが、他人にどう思われているかを 気にして生きています。 でも、自分が思うほど、他人は …
  7. 他人がどう思うかではなく自分がどうしたいかである

    他人がどう思うかではなく自分がどうしたいかである

    他人の意見や、評価ばかり気にして 右往左往している人がとても多くいます。 そして、他人がこう…
にほんブログ村 経営ブログへ

ページ上部へ戻る