失敗しなければ成功に近づく

失敗しない起業法

起業なんかできっこない

以前から、私はずっと言い続けてきました。
「収入を増やしたほうがいい」
「小さな会社で起業したほうがいい」
さて、それから、何年経ったでしょう。

結果・・・みんなほとんどやらない。

実際に起業する人ってものすごく少ないんです。まあ、だから、日本には豊かで自由な人がとても少ないということなんですが。

しかし、これ聞いて、こう思われたはずです。
「そんなに簡単に起業なんか、できる訳無いだろう!」
まあ、そう思います。ふつーはね!

普通じゃない時代

しかしそもそも、インターネットってフツーじゃないんです。
初期費用0円ではじめられるビジネスなんて通常は、この世の中に存在しません。ていうか、人類の歴史上なかったのです。

しかし、インターネットを中心に考えれば、そういうビジネスが今はゴロゴロ創り出せます。しかも、原価ほとんど0、利益率が限りなく100%に近いそんなとんでもないビジネスが、いくらでも創れるのです。

だから、インターネットを使えば小さな会社を起業して、小金持ちになるなってことは、誰でもできるし、ほんとうは、とても簡単なんです。でも、みんなできないし、そもそもがやらない。

みんな、お金嫌いみたいですな。
私、お金大好きなんで、 小さな会社経営してます(笑)

だいたい、世の中の95%の人は、

「なんとなく、お金持ちになりたい」
「なんとなく、成功したい」
「なんとなく、自由で豊かになりたい」

これぐらいしか思っていないんです。だから、なんとなく願いがかなわないだけ。

そうしたら、このなんとなくを止めて、 具体的に動き出せさえすれば、かなりの確率でうまくいっちゃう。
そう思いませんか?

普通じゃない時代

ビジネスの絶対的成功法則

そもそも、ビジネスというのは人によって内容が全く異なるので、ビジネスの絶対的な成功法則というものは成り立ちません。

おそらく、千人の敏腕コンサルタントに「どうしたらビジネスで成功できるでしょうか?」と 訪ねたら、千通りの答えが返ってくることになります。

ですから、唯一のビジネスの成功法則なんてものは存在しないのです。

しかし、視点を変えてみると別の考えかたができます。
それは、失敗をしないビジネスはあるかという視点です。

成功の反対は失敗です(もう単純に考えましょう)。であれば、失敗しなければそれは 成功に限りなく近づくことになります。

失敗の定義

失敗の定義

それはたった一つだけです。

「失敗とは、それがなんであれ、その目的地に到達できないこと」

です。

ですから、厳密に言えば世の中には、ビジネスの成功者は存在しません。存在するのは、失敗した人と失敗していない人だけなのです。

そして、失敗する原因はただ一つ 「諦めること」なのです。

では、諦めなければどうなるでしょうか?
それは、失敗しないということなのです。諦めなければ、いずれは目的の地にたどり着けます。

つまり、失敗を防ぐ方法はただ一つ。

「あきらめないこと」

これに尽きるのです。

こうしてみますと、実は「ビジネス成功の法則」は、いたって単純なところにあります。
それは、「成功するまであきらめないこと」これです。

小さな会社だから成功法則が存在する

小さな会社だから成功法則が存在する

ところが、これまでのビジネスのように、初期投資をして、さらに広告費をかけ、仕入れをしてだと、一度失敗したら、再起不能になるんです。

ふつうに、1千万円以上の借金を背負ってしまいます。
これは、さすがに辛い・・・

当たり前のことであるここの部分が、じつは、ビジネスを難しくしてきたんですね。

これを、インターネットで初期投資や仕入れが 限りなく0に近くて、さらに、広告費も余りかからないビジネスをやれば、「成功するまであきらめないこと」 が可能になるわけです。

つまり、今は、失敗しないで起業することが誰にでもできるようになったってことです。

ほんと!いい時代です。

じゃあ、なぜみんなできないのでしょうか

「できない」のではなく「やらない」だけ

「できない」のではなく「やらない」だけ

本当はできないんじゃありません。
やらないだけです・・・。

結局のところ、それほど難しい話ではありません。

『ビジネスの知識が無い』

『何から手をつけていいかわからない』

『環境が変わるのが怖い』

『ほんの少しの投資をするのが怖い』

それだけなんです。

だから、さっさと行動してくださいね。

関連記事一覧

error: Content is protected !!