起業する為に必要な2つのスキル

小さな会社を作ってで起業する時には、どうしたら儲かるかではなく
「あなたは、何を仕事にしたいのか?」
「何をやりたいのか?」
「どのような人生を生きたいか?」
こういったことのほうが大事です。

起業するために必要なスキルは二つ

しかし、当然のことながら、
「どのような人生を生きたいか?」
だけでは、ビジネスは上手くいきません。

これは、あたりまえのことです。
ビジネスに必要なスキルがありますし、基本の戦略も必要です。

では、どんなスキルや戦略が必要なのかというと、小さな会社で起業をするために必要なスキルとは、たった二つだけです。

それが、「仕組みを作る力」と「情報発信力」です。
これだけあれば、誰でも起業して豊かな人生を送ることができます。

小さな会社で稼ぐ仕組みを作る力

まず、「仕組みを作る力」ですが、これは、どこから見込み客をどう集めて そこにどうやって商品を売るか?
さらには、一度買ってくれたお客さんに、次にどうやって買ってもらうか?
そして、ファンになってもらって知り合いを紹介してもらうか?
こういった仕組みです。

これを、最初から意識的に、構築していくのです。

これができていないと、最初のうちは、頑張って広告して繁盛しているように見えても、いつの間にか閑古鳥が鳴くことになります。

情報発信力

「情報発信力」は、あなたの生き方や価値観を、どれだけ多くの人に伝えていけるかということで、これがそのまま、「見込み客」を集めることにつながっています。

小さな会社で稼ぐ仕組みというのは、実はとても単純なもので、見込み客をなるべく安いコストで集め、そこに対して、セールスをして、ファンにしていく活動です。

だから、この2つの力
「仕組みを作る力」
「情報発信力」
があれば、どのような小さな会社であっても行列ができるようになっていくのです。

参考記事:[blogcard url=”https://xn--yckbb3f2a3gxc7g.com/starting/entrepreneur/wrong-business”]

関連記事一覧

error: Content is protected !!