人間は巧妙に自分に嘘をつく

成功の秘訣は自分を受け入れること

人間は巧妙に自分に嘘をつく

人は皆、自分のことを歪めて見ています。どんなに目を凝らしてみても、真実の姿を見ることはなかなかできないのです。

例えば、理想体重より20~30キロほどオーバーしているのに、自分はまだ大丈夫だと無理に思い込もうとしたりします。あなたは本当に大丈夫なのでしょうか?食べ過ぎと運動不足のせいで体重が増え、危険な状態になっているのではないでしょうか?

多くの人が、真実の姿を意図的に歪めて認識しているのです。人間というのは、実に巧妙に自分に嘘をつきます。自分の姿を理想の自分に見せようとして、真実を歪めていきます。

誰でも、まず最初に自分自身に巧妙に嘘をつき、真実の姿を隠そうとするのです。そのために、自分の心をコントロールし、真実を見せないように自分自身を欺くのです。その結果、あたかも、自分が理想の姿であるかのように思い込むのです。

欠点を見て見ぬふりをしない

人には誰にも多かれ少なかれ欠点があります。そして、ほとんどの場合、この欠点を見て見ぬふりをしています。そうではなく、現在の自分の姿をありのまま、きちんと受け入てください。

たとえ、それがいいものであっても、悪いものであっても。自分に正直になり、今、自分がいる場所、今立っている場所を認識することです。いちど、裸になって鏡に映っている自分の姿を見てみてください。そこには、これまでの生活で出来上がったあなたの肉体がそのまま映っています。その姿が美しいにせよ醜いにせよ、それは、あなたが作り上げてきた結果です。

これは、肉体だけではありません。経済状態も、人間関係も全く同じなのです。まず初めに現在の自分の姿を正確に知ることです。それが、たとえ見たくない事であっても。

アルコールやギャンブルなどの依存症を克服した人は、まず初めに自分自身の問題を認識、それを受け入れることで依存症から立ち直るきっかけを得ています。

誰であっても、欠点も美点もありのまま、受け入れることによって、人は問題を自分のものにできのです。

誰にも多かれ少なかれ欠点がある

全ては自分自身が作り出したもの

今の、あなたの周りにある環境はすべて、あなた自身が作り出したものです。それがいい状況であれ、悪い状況であれ、すべて自分で作り出したものです。

問題があれば、その問題を自覚し、冷静に評価することです。そして、その環境を変えていきたければ、自分自身で変えるるしかないのです。

しかし、多くの人が、自分を変えるのではなく、他人のせいだと責任を転嫁するのです。全てを自分の責任ととらえることは、辛く苦しいものです。

しかし、ここを自覚し、変えていかない限り、今の環境を作り出した自分自身は、何も変わっていませんから、同じ環境のまま同じ問題に悩み続けることになるのです。

まず、現在の状況は、意識的にせよ無意識的にせよ、自分が作り出したのだと自分自身に宣言してください。それは、すなわち、その状況に自分で責任を持つということです。

そして、次にそれを変えようと決心するのです。

「こうだったらいいなあ」

という姿ではなく

「本当の」姿を受け入れることができれば、幸せで成功した人生に一歩踏み出せます。

まず、真実の姿を受け入れてください。そうすれば、それを変える力を得ることができるのですから。

関連記事一覧

error: Content is protected !!