成功する為に必要な「鍛錬」の法則

成功に必要な「鍛錬」の法則と1000の数字

『千夜一夜物語』ってご存知ですか?
アラビアンナイトのほうが、わかる人が多いかもしれません。

この物語は、シャフリアール王が、国の若い女性と一夜を過ごしては、殺していたのを止めさせるため、大臣の娘シェヘラザードが王の元に嫁ぎ、毎夜、王に興味深い物語を語ります。王はその話が面白く、続きの話を聞きたいがために、二百数十夜にわたってシェヘラザードを生かし続け、ついに殺すのを止めるという物語です。

大人になってこの話を聞くと、なんか、微妙な気分になりますが、子供の頃は、結構好きで読んでいました。

メルマガの配信が1000回を超えました

さて、なぜこの話が出てくるかというと、先日、過去に発行したメルマガを整理して、その数を数えたところ、1067回ありました。つまり、いつの間にか1000を超えていたことに気づいたのです。

実際には、初期のころのメルマガが、保存されていないので、あと100以上は、おそらくあると思います。
つまり、アラビアンナイトを超えたということです。

さて、今回のテーマは、数を自慢することではありません。商売やビジネスにおいて、重要な事はこの1000を超える数にあります。

以前書いた記事「成果につながる魔法の数字100」で100という数字の意味について説明しました。
簡単に言えば、100は、最初に成果が出る数字なのです。

しかし、これは、単に成果が出るというだけで、これだけやれば、十分というものではありません。言い換えれば、100というのは、門が開く数字なのです。だから、門をくぐってその先に進まなければ、そこでおしまいになります。

100というのは、ただ門が開いて入り口をくぐったという段階なのです。

では、どれ位が必要な数時なのかというと、それは、1,000なのです。1,000という数字は、この100が10回繰り返されたことです。100が成果の出る数字なら、1000は一流になる数字になります。

鍛錬の鍛は1,000回、鍛錬の錬は10,000回

1,000という数字は、この100が10回繰り返されたことです。100が成果の出る数字なら、1000は一流になる数字です。

あなたは、鍛錬という言葉を知っていますか?
もちろん単語としては、知っているかもしれませんが、その意味を知っているでしょうか?

鍛練という言葉は、鍛冶屋からきた言葉ですが、鍛練の鍛は1,000回鍛えることです。つまり、100を10回繰り返します。こうすることで刃が鍛えられ強くなります。また、鍛練の練は10,000回鍛えることです。100を100回ということです。

また、仏教の修行に千日行があります。

山中を千日間歩いて修行することですが、100を10回繰り返すことで、人は悟りに行きつくことができます。1000という積み上げた数の重は、修行と言ってもいいものです。

「鍛」とは、千日(3年)の修業
「錬」とは、万日の(30年)の修業

そういうことなのです。

時間軸が見抜けていますか

仕事をするとは、高い志に向かって、己を鍛える厳しい修行です。そして、この時間軸が見抜ければ、どうすれば一流になれるかが解ってきます。

一流と、そうでない人間の差は、才能でもなんでもありません。ただ、継続できるかどうかです。継続さえできれば、3年後には、あなたはその分野の専門家に、なっていることを約束します。

さらに一流になる為には、1000の修業をすることです。そして、No1になる為には、10000の修業をすることです。

たとえ、今は未熟でもいいのです。努力を継続すれば、スキルも上がります。スキルが上がると、さらに未熟さを知る事になります。その結果、もっと努力をすることになるのです。

時間は、必ずあなたの味方となります。毎日小さいことを積み重ねながら、高い志に向かって己を鍛えること。それも、1000という数をくり返すこと。これが、この世界で唯一の成功する方法なのです。

すべては最初の志で決まる

誰もが一流の人物を目指します。誰もが一流の仕事を願うものです。そして、一流になれるかどうかは、やはり志で決まります。

あなたが、この1000という数字を聞いて
「よし、やってみよう」
そう感じたならば、あなたは、間違いなく成功することができます。

逆に
「そんなのできっこない」
そう思ったなら、あなたの人生は、上手くいきません。

全ては、最初の意識なのです。

安易な目標を選べば、楽に生きていけます。
しかし、楽な目標は、後で大きなツケが回ってくることになるものです。

誰もが楽な世界を選択してしまう

ところが、大半の人間はここが見えていません。誰もが楽な世界を選択してしまうのです。

「どこかにいいノウハウは転がっていないかな?」
「簡単に稼げる方法がどこかにないかな?」

そう右往左往している人ばかりなのです。

それに対して、自分は、苦しい「鍛錬」の修業をする。

「鍛」とは、千日(3年)の修業
「錬」とは、万日の(30年)の修業

この心構えがあるかどうかで、3年で大きな差が出てきます。5年で決定的な差になります。10年で一流の世界に入るのです。

この時間軸が見抜けば、どうすれば一流になれるかがわかります。一流と、そうでない人間の差は、才能でもなんでもないのです。ただ、絶え間なく努力を継続できるかどうかだけなのです。

関連記事一覧

error: Content is protected !!