会社の目的は人を幸せにすること

会社の目的は人を幸せにすること

会社の目的は、一言で言うと
人を幸せにすることです

これは、決してお客さん
だけではありません

従業員や取引先など
関係のあるすべての
人を含むのです

だから、下請けをたたいて
自分の会社だけが儲かるように
している会社は結局は
だめになっていきます

企業の利益とは与える価値と
等価交換になります

その価値とは究極的に言って
相手を幸せにすることです

長期間利益を出し続ける会社は
誰かの犠牲の下に成り立つのではなく
多くの人の幸せの上に成り立つのです

まずは自分と自分の家族を幸福にしよう

幸福にする相手として、一番最初に来るべきは、まず自分の家族です。
その次に従業員や取引先などです。
そしてその先に、従業員の家族や、取引先の家族まで含みます。

企業の利益とは、与える価値と等価交換になります。
その価値とは、究極的に言って、相手を幸せにすることです。

物を買ったり、サービスを受けたりすることで、お客さんの幸福度が増すことで、その対価として利益がもたらされます。このことを忘れたまま、利益を求めたとしても、それは、一時的に儲かるかもしれませんが、必ずおかしくなっていきます。

会社を長続きさせたければ、どれだけ多くに人を幸せにするかを目指していってください。
小さな会社の社長ほど、ぜひここを目指してください。

小さな会社は株主の機嫌など伺う必要はないのですから。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧

error: Content is protected !!