近道が実はいちばん危ない道になる

近道が実はいちばん危ない道になる

何かを達成しようとした時や
困難に見舞われた時などに
解決のため、人は、どうしても
近道を行こうとします。

しかし、そこには落とし穴が
待ち受けていることが
往々にしてあるのです。

これが、人生の罠です。

特に、状況が切羽詰まっていればいるほど
この罠にはまりやすくなります

一見遠回りでも、確実な道の方が
結局は、最短距離であることが
現実には多いものなのです。

重要なのは目的を達成すること

これは、お店や会社の経営にも当てはまります。
経営の目的が明確で確固たるものであれば、たとえ回り道をしてしまったとしても必ず道は開けるのです。

「私はなぜこれをしているのか?」

このように、自分自身の本来の目的を常に明確にしておくことで、近道という誘惑に惑わされずに必要な道を選ぶことができるものです。

どういう経路が目的地までの最短距離だったのかは、じつは誰にもわかりません。
早いスピードで進んだ人が目的地に辿り着けるとは限らないわけです。

結果が出ない苛立ちも当然あると思いますが、しかし、経験値は確実についてくるものです。
回り道は決して無駄ではないどころか、他人よりも経験値が上がる機会になるので、長い目で見ればプラスに働く要素の方が、むしろ強いものなのです。

【運命を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧