一つを完全に終えてから次に行くこと

一つを完全に終えてから次に行くこと

どうも、人間は未来のことを考えすぎて
かえって、目の前のことに
集中できなくなったりします。

しかし、人間は一度に
ひとつのことしか出来ませんから、
きちっとそれだけに集中したほうが
なにごともうまくいくし、
かえってスピードが早くなります

仕事のできない人の特徴は
あれもこれもと手を出して、
結局、全部とっちらかってしまうことです。

ひとつのことをきっちりと完全に終えて
次に行くと、かえって物事は
早く進んでいくものです。

忙しいと嘆く前に
一つの作業を確実にこなすことを
心がけてみてください。

人間は一つの事しか同時にできない

何か新しいことをはじめようとしても、やらなければいけないことが多すぎで、時間が足りなくなり、どうしていいかわからなくなることがあります。

これは、先を見すぎて頭の中が混乱している状態です。
どんなに凄い人間でも、人間ができることは一度に一つしかありません。

「いや、俺マルチタスク人間だから同時にいくつもの仕事をこなしている・・・」
こう考える人もいるかもしれません。

しかし、どんなに同時にやっているように見えても、実際に行動できるのは、誰であっても一つだけです。
実際に、同時にやっているように思えるのは、短い時間で切り替えているだけで、本当は、同時には絶対に出来ません。ただ、そう思い込んでいるだけなのです。

時間が足りないのは一つに集中していないからです。
時間が足りないと悩んでいる人は、たいていここに陥っています。

【運命を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧

error: Content is protected !!