やる気がなくてもまず行動する

やる気がでなくてもとりあえず行動する

成果を出せる人と出せない人の違いは
行動出来るかどうかです

文章を書く仕事であれば
まず、最初の1行を書いてみる

最初の1行が難しければ
とりあえず、思いついた言葉を書いてみる

作業であれば、とりあえず
取り掛かれるところから取り掛かる

何でもいいのですから
まず始めてしまうことです

人間の心は
行動で変わっていきます

行動することで、心が変わるし
自然とやる気にもなっていきます

やる気が出るまで待っていると
いつまでたっても
やる気など出てきません

だから、たとえやる気がなくても
強引に始めてしまえば
なんとなく気分も乗ってくるものです

何でもいいので、とりあえず始めてしまおう

だれでも、やる気が出ないときがあります。どうしてもやらなければ行けないのに、やる気が全くでない。
そんな体験は、誰にでもあると思います。

パソコンに向かっている場合など、本当は何か作業しなければならないのに、ついついネットサーフィンしてしまったりします。

こういった時間は、たいていの場合、有意義な時間とはいえません。決して楽しいというわけでもなく、人生の役にたつというわけでもなく、さらに健康にいいというわけでもありません。ただ時間を浪費しているだけです。

「しなければならないのにやる気が出ない。」

こういったことは、たいてい自分でコントロールできる仕事の場合が多いものです。やる時間も、やるべき内容も自分が決められる仕事です。こういった自由度があればあるほど、やる気が出ない病にかかりやすくなります。

そういう時は、とりあえず始めてみるのです。

作業であれば、とりあえず、取り掛かれるところから取り掛かる。何でもいいのですから、まず始めてしまうことです。

【社長の運を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!