仕事の順調に浮かれて安請け合いしない。好調に気を許して手を広げすぎない。

人間は、好調な時ほど、
落とし穴に落ちやすくなります。

浮かれて何も
見えなくなってしまうからです。

だからいい時ほど、
慎重になる必要があります。

調子に乗って手を広げると、
すぐ潰れたりします。

ほとんどの会社が倒産する理由は
手を広げすぎたことです。

好調であればあるほど、
慎重に行動すべきなのです。

好調な時ほど落とし穴が待っている

人生の中で、信じられないほど好調な時があります。
しかし、こういった好調な時の後には、かならず落ち込むタイミングが来るのです。

しかし、往々にして、こういった神様(悪魔?)の罠に気が付かずに、イケイケで進んでしまい失敗する人が数多くいるのです。
一見、いまが好調に思えても、その中に、影が忍び寄っています。
だから、好調が落とし穴になるのです。

たとえ、物事が上手くいっていたとしても、腰を落としてしっかりと地に足をつけていくことが大切です。
幸運にも浮かれず、悲運にも悲しまず、ただ目の前のことを粛々と行っていくこと。
これが、失敗をしない為に注意するべきことなのです。

【運命を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧