力は少し抜いた位が丁度いい

文章などを読むと顕著なのですが
あまり、一生懸命全力でやられると
どうも、重苦しくなります

肩の力を抜いて
少しリラックスするくらいが
ちょうどいい塩梅です

頑張ることは大事ですが
頑張りすぎないことも大事なのです

必死すぎると目的から遠ざかってしまう

目的を達成するために、一生懸命になることはいいことです。しかし、そればかりに必死になると、視野が狭くなり本当の可能性を見落とすことになりがちです。必死になればなるほど、自分の想い描いた道しか見えなくなり、それ以外の可能性が見えなくなるのです。

目的を達成するための道には、いくつかの道が有ったりもします。今の道よりももっと近くて楽な道もあることがあります。

必死に求めるだけではなく、少し肩の力を抜いて平常心を保つことが、とても重要になるのです。必死にやることはいいことですが、必死すぎると、かえって目的から遠ざかってしまうこともあるのです。

【社長の運を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!