奪うと心が傷つくことになる

奪うと心が傷つくことになる

利益を追求するあまり
奪うことばかり考えると
長続きしません

それは、他者から奪ったことで
自分の心が傷つくからです

自分の心が傷つくと
自分で自分に罰を与えてしまいます

その結果、上手くいかなくなります

これは、個人でも会社でも同じです

利益とは、価値の交換によって
成り立ちます

だから、価値を創造すれば
その分だけ増えていきます

利益とは奪い合うものではないのです

奪うよりも与えること

他者から奪うことは、反転して奪われることにつながります。
奪った人間は表層的には、他人から何かを奪うことで、一見得したように思えますが、結局は、巡り巡って、自分が大きく損失をします。

そこには、この世界の精妙なる因果律があります。怖いのは、本人がこのことに気づいていないことです。奪うことで、得した気分になり、ほかからの大きな損失に気がつかないのです。

目先の損得だけを考えるのではなく、より大きな視点を持つことで、この世界の因果律が見えてきます。これが見えると、他人から奪うことの怖さも見えてくるのです。

大きな視点で損得を考えれば、奪うのではなく与えるほうがよほど利益が大きいものです。

【運命を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧

error: Content is protected !!