幸福になりたければ変えようのない過去の事実を思い悩まないこと

幸福になりたければ過去の記憶に思い悩まないこと

過去は、既に過ぎ去ったことです

たとえ、どのような不幸な
過去であっても今のあなたを
傷つけることは絶対にできません

しかし、自らその過去を思い出し
悩み、反芻して、自分から
不幸になっている人が多いのです

過去は、過ぎ去ったことなのです

そこに引っかかりさえしなければ
傷つくこともなく、不幸を
感じることもありません

過ぎ去った過去を思い出し
不幸を感じることは
自分から不幸に成りに
行っているのです

過去は、もう変えることは
出来ないのですから
思い悩まないことです

過去の出来事から離れる

人生を変えようと思ったら、過去の出来事から離れることです。過去を悔いても何も変わりません。過去に囚われこだわっていると、むしろ、いやなことだけが蘇って来て、かえって、気分が落ち込んだりします。

それよりも、これから先の未来にだけ意識を集中していく方が、パワーが出るし、うまくいく可能性が、より高くなります。

ところが、ほとんどの人は、過去の記憶に囚われ、後悔や恥、苦悩といった感情に振り回されて、常に苦しんでしまっているのです。

現実には、過去は自分の記憶の中にしか存在しません。眼の前の現実の中には存在しないものなのです。過ぎ去ってしまったことは、記憶の中に残っているだけで、思い出さない限り、存在すらしないのです。そして、存在するのは、「今、ここ」だけなのです。

【運命を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧

error: Content is protected !!