幸福とは得るものではなく感じるものである

幸福とは得るものではなく感じるものである

人は何かを手に入れると、
幸福になれるものだと思いがちです。

だれもが、そう考えてしまいます。

お金持ちになれたら!
大きな家が持てたら!
高級車が持てたら!
幸福になれると思い込んでしまうのです。

しかし現実には、
どんなに物を手に入れれも、
幸せになれるとは限りません。

幸福とは、自分自身の
心が感じるものだからです。

幸福とは心が感じるもの

人は何かを手に入れると、幸福になれるものだとつい思いがちです。
「好きなブランドの洋服や、バッグが自由に買えたら、どんなに素晴らしいだろう!」
「三ツ星レストランで、美味しいものを好きに食べられたら、どんなに幸福になれるだろう!」
だれもが、そう考えてしまいます。

だから、
お金持ちになれたら!
大きな家が持てたら!
高級車が持てたら!
絶対に幸福になれると思い込んでしまうのです。

しかし現実には、どんなに物を手に入れれも、幸せになれるとは限りません。

何か、欲しいものを手に入れたときのことを思い出してみてください。
一番楽しかったのは、そのものを手に入れるまでの時間だったのではありませんか?
欲しいものを手に入れたらどんなに素晴らしく幸せだろうと、想像していた時が一番幸せだったのではありませんか?

それは、幸福とは、自分自身の心が感じるものだからです。

実際にものが無くても、それを想像していたときが、むしろ幸せなのです。
現実にそれが手に入ってしまったら、夢から覚めたように、幸福感は一気にしぼんでいきます。
すべては、自分の心のなかの想いが幸福を感じさせているに過ぎません。

だから、何も無くても幸福を感じることができるし、何かを得たからといって幸福になれるわけではないのです。
しかし、人間は、誰もが物を得ることにこそ、幸福があると考え、そこに縛り付けられているのです。
まずは、そこに気づくことで、本当の幸福とは何かを、考え直すきっかけになります。

【運命を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧

error: Content is protected !!