幸福と喜びは与えることで得られる

人間は、誰しも幸福に
なりたいと思っています

こうして、お金持ちになろうと思ったり
いろいろなモノを買ったりします

しかし、それは一時の喜びのみで
すぐに消えて行ってしまいます

消えていかない幸福とは
誰かに喜ばれたり感謝された時に
はじめて感じるものなのです

ですから、何かを得ることではなくて
何かを与えることではじめて
ほんとうの幸福を
感じることができるのです

幸福とは物質的な豊かさではない

幸福になるということは、お金持ちになったり、いろいろな物をたくさん持ったりすることではありません。

もちろん、生きていく上でお金は絶対に必要です。しかし、お金や物を必要以上に多く集めるほど、今度は、それに振り回されるようになってしまい、もっともっと欲しくなるのです。集めれば集めるほど、いつも飢餓感を感じてかえって苦しくなってしまうものなのです。

お金や物を多く集めることには、真の幸福が無いことに気づいてください。
幸福と物質的な豊かさは決してイコールではないのです。

【社長の運を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!