何々があれば幸せになれると思っている人は幸せになれない

何かを手に入れても幸せにはなれない

幸福とは、どこまで行っても
その人の心の感じ方になります

しかし、ほとんどの人は
物やお金を持てば
幸せになれると錯覚して
生きています

しかし、どんなに物を所有しても
人は幸福にはなれないのです

物を持てば持つほど
その物を無くす事を
怖れるようになり
結局は心がいつも
不安でたまらなくなります

真の幸福とは、結局のところ
どのような状況下であれ
自分の心が決めている
だけだということに
気がつくことで得られるものなのです

どんなに物を手に入れれも幸せにはなれない

人は何かを手に入れることができれば、幸福になれるものだと思いがちです。これは誰もが、そう考えてしまいます。

お金持ちになれたら!
大きな家が持てたら!
高級車が持てたら!

こうした何かを手に入れることさえできれば、幸福になれると思い込んでしまうのです。

しかし現実には、どんなに物を手に入れれも、幸せになれるとは限りません。
幸福とは、自分自身の心が感じるものであって、ものに付属しているものではないからです。

【運命を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧

error: Content is protected !!