我慢しても幸せになれない

「聖書」の一節に「汝の隣人を愛せよ」
という有名な言葉があります。

あまりに有名ですから
知っている人も多いと思います。

しかし、正しくは、
「あなたの隣人を自分と同じように愛せよ」
となっています。

ここで大事なのは、
“自分と同じように”という部分です。

ともすれば、人は自己犠牲に
走ってしまいます。

特にこれは日本人の
特質といってもいいです。

自己犠牲という行為は確かに美しいし、
誰もが感動を覚えます。

しかし、自分が我慢していたのでは、
結局、だれもが幸福にはなれません。

ただ我慢する人ではダメなのです。

まず、自分が幸福になり、
そして、自分と同じように
他人を愛すること。

ここが、重要なのです。

自分を賛美し愛すること

他人を愛する為には、まず、自分自身を愛し好きにならなければ、他人を愛することなどできないのです。
すべては、自分自身を肯定し、自分を賛美し愛すること。
ここから始まります。

自分が大事だから、他人の痛みを思いやることができます。
自分に価値が無いと思い込み、自分を否定してしまうと、それは、他人の否定にもつながります。

まずは、自分自身を大切にすることです。
そして、自分自信を愛することです。

幸福というものは、その先にあるものなのです。

【社長の運を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!