どうなるかと心配しながら待つから不安を招く

どうなるかと心配しながら待つから不安を招く

人間は未来に対して
不安と希望を持ちます。

将来がどうなるか?
何かの結果はどうなるのか?

こういった不安をいつも
抱えて生きています。

しかし、どんなに不安を感じ
そして、心配したところで、
将来が良く変わるわけではないのです。

不安を感じても何もできないのです。

心配しようがしまいが結果は変わりません

だから、自分のできることをすべてやったら、
あとは、ただ待つことしかできないのです。

不安をなるべく持たないように、
心配せずに待っていたほうが
何もできないことを心配するより
よほど、穏やかに過ごすことができるのです。

心配が怒りに変わる

人間は、未来や将来に不安を感じます。
全ての人がそうだと言っていいでしょう。

しかし、どこまで行っても未来や将来の不安は拭うことができません。
誰も将来についてなど絶対に知り得ないからです。

常に感じる不安はそのままにしておくと誰かが悪い、誰かのせいだという怒りに変わっていきます。
これが最も危険なのです。

怒りは、多くを破壊していきます。
だから、不安に囚われないようにする必要があるのです。

【運命を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧

error: Content is protected !!