まだ来ぬ未来に不安をいだくことは現在の幸福までも台無しにする

まだ来ぬ未来に不安をいだくことは現在の幸福までも台無しにする

未来を不安に思うことは
誰でも同じようにあります。

しかし、その不安を
大きく感じ過ぎて、
現在の幸福さえ
感じられなくなっている人が
あまりに多いのです。

今ある幸福を見ずに
将来の不安を見つめていては、
せっかくある今の幸福が、
感じられなくなるのです。

現在をしっかり見つめて
今に生きることが、
じつは、一番幸せになれる道なのです。

幸福は未来にあるのではなく目の前にある

まだ来ぬ未来に不安を抱くことは、現在の幸福までも台無しにしていまいます。
もちろん未来を不安に思うことは、誰でも同じようにあります。

そもそも不安というものは、どうなるかわからない状態なのですから、誰もが未来を不安に感じるものなのです。
つまり、未来を思うだけで、全ての人間は、当たり前のように不安の感情に突き当たるのです。

しかし、その不安を大きく感じ過ぎて、現在の幸福さえ感じられなくなっている人が、世の中には、あまりに多くいます。

将来を心配するあまり、今あるものを見ることができないのです。
しかし、その不安を感じる未来は、まだ、現実ではなく、不確定なものです。

その反対に今は、現実です。

今ある幸福を見ずに、将来の不安を見つめているだけては、せっかくある今の幸福が、まったく感じられなくなってしまいます。

未来はまだ起きていません。
どうなるかもわかりません。

だから不安を感じるのですが、それを、心配しても意味の無い事です。
それよりも、現在をしっかり見つめて、今、この場に生きることが、じつは、一番幸せになれる道なのです。

幸福とは、未来にあるものではなく目の前の足元にあるからなのです。

【運命を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧

error: Content is protected !!