幸福になれない原因のひとつは不幸な状況に馴染んでしまうことにある

幸福になれない原因

人間というものは
とても辛抱強くできています

だから、たとえ過酷な状況に
おかれたとしても、それなりに
その状況に順応することができます

また、人間は変化に対して
恐怖を感じる動物でもあります

そのため、どんな不幸な
状況にあったとしても
その状況に順応し
馴染んでしまうのです

その上、その状況を変えることが
なかなかできなくなるのです

これが幸福になれない
原因のひとつなのです

人間は不幸な環境でも慣れてしまう

人間は変化することに対して本能的に恐怖を持ちます。しかし、この恐怖を乗り越えなければ、結局は元の状態に戻ってしまうのです。

変化を避けているうちに、人間は次第に不幸な環境に慣れてしまい、ますます抜け出せなくなります。実は最も恐ろしいのは、どのような不幸な環境であっても、人間はそれに慣れてしまうことです。

不幸な環境に慣れてしまったら、そこから抜け出そうという努力をしなくなってしまいます。そうなると、その不幸な状況は、永遠に続いてしまうのです。

変化をする勇気を持つことで人生は開けていきます。恐怖に負けずに進んで行くことが、最も重要な行動なのです。

【運命を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧

error: Content is protected !!