未来は期待するか、心配するかで違ったものになる

未来は期待するか、心配するかで違ったものになる

人間はどうしてもネガティブなものに
眼を奪われがちになります。

感じる恐怖が大きいほど、
その恐怖から目が離せなくなり、
そこから離れられなくなってしまいます。

まだ起きていない未来に対しても同じで
未来に期待を持って考えるか
心配で苦しむかで結果が違ってくるのです。

しかし、人間は、自然に任せていたら、
結局はこの恐怖に飲み込まれてしまいます。

意識的に、未来に対して期待だけを持ち
余分な恐怖を持つことなく生きることで、
今を充実したものに変えてくれます。

反対に心配で生きる人には、
今が暗いものになってしまうのです。

恐怖とは妄想が作り出すもの

まだ起きていない未来を心配したり、過ぎ去ってしまった過去を悔んだりすることは、まったく意味の無い事です。

未来は、実際に起きるかどうかもわからない事ですり、過去は、記憶の中にしかありません。
つまり、どちらも現実に存在するものではないのです。

しかし、この現実ではないことを、あたかも現実のように感じ恐怖してしまうのです。
これを妄想と言います。

妄想は、ただそれだけであればいいのですが、次々と新しい妄想を生み出し拡大していきます。
これが、人が道に迷う原因なのです。

【運命を開く言葉】
 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧

error: Content is protected !!