未来は期待するか、心配するかで違ったものになる

未来は期待するか、心配するかで違ったものになる

人間はどうしてもネガティブなものに
眼を奪われがちになります。

感じる恐怖が大きいほど、
その恐怖から目が離せなくなり、
そこから離れられなくなってしまいます。

まだ起きていない未来に対しても同じで
未来に期待を持って考えるか
心配で苦しむかで結果が違ってくるのです。

しかし、人間は、自然に任せていたら、
結局はこの恐怖に飲み込まれてしまいます。

意識的に、未来に対して期待だけを持ち
余分な恐怖を持つことなく生きることで、
今を充実したものに変えてくれます。

反対に心配で生きる人には、
今が暗いものになってしまうのです。

恐怖とは妄想が作り出すもの

まだ起きていない未来を心配したり、過ぎ去ってしまった過去を悔んだりすることは、まったく意味の無い事です。

未来は、実際に起きるかどうかもわからない事ですり、過去は、記憶の中にしかありません。
つまり、どちらも現実に存在するものではないのです。

しかし、この現実ではないことを、あたかも現実のように感じ恐怖してしまうのです。
これを妄想と言います。

妄想は、ただそれだけであればいいのですが、次々と新しい妄想を生み出し拡大していきます。
これが、人が道に迷う原因なのです。

【運命を開く言葉】
 書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

井上 剛(ごう)

運命を開く言葉

  1. 成功する人にはその成功を心から喜んでくれる人がいる

    成功する人にはその成功を心から喜んでくれる人がいる

  2. 他人の成功を心から喜び自分も同じ波に乗ろう

    他人の成功を心から喜び自分も同じ波に乗ろう

  3. 異議ばかり唱える人はそれに比例して苦悩もふえる

    異議ばかり唱える人はそれに比例して苦悩もふえる

  4. 自分を売り込むことができなければ、才能があっても誰にも気づいてもらえない

    自分を売り込むことができなければ、才能があっても誰にも気づいてもらえない

  5. 行動しない人にかぎって人の成功を批判する

    行動しない人にかぎって人の成功を批判する

  6. 幸福とは得るものではなく感じるものである

    幸福とは得るものではなく感じるものである

  7. 近道がじつはいちばん危ない道になる

    近道が実はいちばん危ない道になる

にほんブログ村 経営ブログへ

ページ上部へ戻る