人間は常に自分が選ばなかった方が実は大きかったのではと本気で考える

自分が選ばなかった方が大きかったのではと考える

誰であっても、過去に
選択しなかったことの方が
良く思えてしまうものです

過去を振り返って
あの選択は失敗したと
悔いてばかりいます

しかし、決して
そんなことはないのです

選ばなかった時点で
もうそれは、存在しないのと
同じですので、その時の
選択を後悔してもまったく
意味がないのです

それよりも、今、目の前のことを
大事にしたほうが、よほど
いい結果につながるものです

決断とは何かを選びそれ以外を捨てること

そもそも、決断するということは、何かを選ぶことで、それ以外を捨てることです。だから迷うし、後から後悔もします。しかし、何かを捨てない限り、新しいものをつかむこともできないのです。

そう考えると、決断することは怖いことですが、やらないと新しい道へ進んでいけないものです。恐怖を克服し、新しい選択をすることで人生は拓くことができるのですから。

【運命を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧

error: Content is protected !!