過去の不幸や失敗を心の中で繰り返すな

過去の失敗や不幸を心で繰り返さないこと

人間というのは、
本当に不幸な生き物で
過去の不幸や失敗を心の中で
反芻して味わい直してしまうものです

過去のやってしまった失敗
その結果起きて決まった不幸

こういったことを
忘れようとすればするほど
ますます、その記憶は心の中で
大きくなっていきます

さらに、その記憶によって
沸き起こされた感情で何度も何度も
一喜一憂することになります

過去は既に変えられないというのに
実体のない過去の記憶に
囚われてしまうのです

人はどこまで行っても
過去の虜囚なのです

だからこそ、過去を努力して
忘れるようにしていくことです

繰り返し繰り返し
過去の亡霊を冷静に眺めることで
実際には存在しない
過去の記憶から少しずつ
逃れることができるようになります

過ぎ去った過去を思い出し不幸や怒りを感じる

過去は、既に過ぎ去ったことです。たとえ、どのような不幸な過去であっても、今のあなたを傷つけることは絶対にできません。しかし、自らその過去を思い出し悩み、反芻して、自分から不幸になっている人が多いのです。

過去は、過ぎ去ったことなのです。そこに引っかかりさえしなければ、傷つくこともなく、不幸を感じることもありません。

過ぎ去った過去を思い出し不幸や怒りを感じることは、自分から不幸になりにいっているのです。過去は、絶対にもう変えることは出来ないのですから、思い悩まないことです。

【運命を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧

error: Content is protected !!