辛い経験をした人ほど笑顔を見せる

笑顔の真実

にこやかにしている人ほど
壮絶な体験をしている人がいます

偉そうにふんぞり返っている人
苦しそうに見せている人は
それほどでもないことが多いものです

大きな苦しみを乗り越えた人ほど
実際には柔和で笑顔を見せているものです

人実は見た目と反対なことが多いものです

人間性を広げるのは辛い経験のほう

人生においては、必ずといっていいほど不遇な時期があります。こういった時期は、とても辛い時期ですが、この時の経験が、その人の人間性を広げるのです。

人間としての器を広げるのは成功体験ではなく、筆舌に尽くしがたいような辛い経験のほうなのです。辛い経験をすればするほど、他人を優しく受け入れることができるようになります。
辛酸を舐めるような経験こそが、人間を大きく成長させる鍵なのです。

いつも笑顔をみせている人には、こうした辛い体験をしてきた人が多いものです。辛かった経験による人間としての成長が、他人に対して優しく対応でき、いつも笑顔を見せることができる人間性を作り上げているのです。

【社長の運を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!