自分の狭い価値観で人を判断するからうまくいかない

常識や思い込みで人を判断しない

自分の価値観は
他人とは違います。

そして、その価値観という
フィルターを通して認識している
全ては真実ではないのです。

すべて、色眼鏡をかけて
みている状態なのです。

そのような状態で何かの
判断をするから間違うのです。

まず、自分が認識しているすべては
正しくないかもしれないという自覚をすることで
間違いを減らすことができるようになります。

常識を振りかざさない

夢の実現を邪魔するのは、たいてい常識を振りかざす人です。誰かが何かの夢に向かって努力しようとすると、必ずそれにブレーキをかける人です。

そういう人達がたいてい言う言葉は、
「そんなはずはない」
「そんなうまい話はない」
「もっと、常識で考えなさい」
こういった言葉です。

しかし、その根拠となる常識そのものが、単なる思い込みであることが多いのです。自分の狭い価値観と思い込みという常識を振りかざして、他人の夢を妨害しているのです。

さらに、これが悪意でやっていればまだ救いがあるのですが、善意で良かれと思ってやっているために、かえって始末が悪いのです。

【運を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

小さな会社が儲かる7つの基本戦略

関連記事一覧

error: Content is protected !!