子供の願いは、親から愛され、認められ、賞められ必要な存在だと思われたい

子供の願いは、親から愛され、認められ、賞められ必要な存在だと思われたい

すべての子供は親から
愛されたいと願っています。

しかし、躾という名のもとに、
親はついつい子供を感情的に怒ったり、
行動や存在を否定しがちです。

こうして子供は大きな挫折を感じ
道をそれてしまうのです。

素直に愛を表現することで
子供は安心して育っていけるのです。

子供は例外なく親に愛され
認められ賞められたいのです。

ぜひ、子供は賞めてください。

あなたを愛している。

あなたは素晴らしい存在だと
伝えてあげましょう。

伝えないとせっかくの愛も
届かないのですから。

愛は言葉に出さないと伝わらない

家族の間のコミュニケーションが足りていません。
特に、日本人は言葉に出すことをあまりしません。

身近にいる人だから、近しい人だから、それぐらい分っているだろうと考えてしまいがちです。
しかし、親子であろうが、夫婦であろうが、家族であろうが、言葉に出さない限り伝わらないのです。
家族間のトラブルのほとんどは、ここから始まります。
それぐらい分っているだろうという、自分勝手な思い込みが、トラブルを引き起こすのです。

特に親愛の情は、言葉にして初めて伝わるものです。
意識して伝えない限り愛は伝わらないものなのです。

【運命を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

井上 剛(ごう)

運命を開く言葉

  1. 新しい物を受け入れる前に古いものを捨てて場所を空けておく

    新しい物を受け入れる前に古いものを捨てて場所を空けておく

  2. 物事には、その各々場合や人において、うまくいく時機が存在する

    物事には、その各々場合や人において、うまくいく時機が存在する

  3. 此れが幸福だという物は存在しない。幸福とは心の状態のことである。

    此れが幸福だという物は存在しない。幸福とは心の状態のことである。

  4. 自分が幸福になるためにはまず自分の周囲を幸福にすることである

    自分が幸福になるためにはまず自分の周囲を幸福にすることである

  5. 成功するために他人と競う必要はないのである

    成功するために他人と競う必要はないのである

  6. 近道がじつはいちばん危ない道になる

    近道が実はいちばん危ない道になる

  7. 子供の願いは、親から愛され、認められ、賞められ必要な存在だと思われたい

    子供の願いは、親から愛され、認められ、賞められ必要な存在だと思われたい

にほんブログ村 経営ブログへ

ページ上部へ戻る