相手に怒りを感じると真先に傷つくのは自分自身である

怒りで傷つくのは自分自身

怒りは決して
持つべきではありません

怒りの感情は、増幅し
自分自身を最初に傷つけます

怒りのエネルギーは自分を焼きつくし
さらに周りも焼きつくしてしまうのです

だから、自分の心の中の怒りには
細心の注意を払って
その種が小さいうちに
摘み取っておくことです

怒りは小さいうちは
あまり影響を及ぼさないので
早いうちに対処することが重要なのです

怒りはさらなる怒りを喚び自分と周囲を破壊する

感情的になって怒ることは、けっしていい結果にはつながりません。

怒ることで、自分の中の怒りがどんどん増幅し、最終的には、自分や周囲を破壊することになります。怒りは、他人だけではなく、自分自身も破壊してしまいまうのです。

だから、何があっても怒るべきではありません。たとえ、どんなに理不尽だと思っていたとしても、それによって怒ることで、自分自身や自分が大切にしているものを壊すことになっていきます。

怒りによって、傷つけるのは、怒りを向けた相手と自分自身なのです。
だから、たとえどのような理由があったとしても、怒ることは、自分で毒を飲むのと同じなのです。

【社長の運を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!