自分が思っているほど他人は見ていないし気にしていない

自分が思っているほど他人は見ていないし気にしていない

誰もが、他人にどう思われているかを
気にして生きています。

でも、自分が思うほど、他人は
自分の事を見ていないし気にしてもいません。

だから、他人にどう思われようとも、
自分がやりたいこと、やるべきことを
ただひたすらにやるだけでよいのです。

しかし、残念ながら人間は、
他人の目を意識し良く思われたい、
悪く思われたくないと余分な考えに
振り回されてしまうのです。

そして、そこから悩みや
苦しみも生まれてくるのです。

他人にどう思われたいかなどということには
本来、何の意味も無いのです。

他人の目を気にしなければ人生は楽になる

他人の目を気にしないようになれば、人生はとても楽になります。
ほとんどの悩みは、他人の目を意識することから発生するからです。

他人を気にしなければ、自分がただやりたいことをやることができます。
それは、あなたの人生を輝くものにしていくものです。

他人によく思われようとするから、やりたくないことをやり、無理をして、かえって人は苦しみ続けるのです。
しかし、他人にどう思われようが、あなたの人生に何の影響もないものなのです。

【運命を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

井上 剛(ごう)

運命を開く言葉

  1. 人はやる前から自分には出来ないと勝手に決めつけている

    人はやる前から自分には出来ないと勝手に決めつけている

  2. 此れが幸福だという物は存在しない。幸福とは心の状態のことである。

    此れが幸福だという物は存在しない。幸福とは心の状態のことである。

  3. 異議ばかり唱える人はそれに比例して苦悩もふえる

    異議ばかり唱える人はそれに比例して苦悩もふえる

  4. 仕事の順調に浮かれて安請け合いしない。好調に気を許して手を広げすぎない。

  5. 間違いや失敗を受け入れられる人は成長できる

    間違いや失敗を受け入れられる人は成長できる

  6. 何かに躓くのは考え方を変える暗示である

    何かに躓くのは考え方を変える暗示である

  7. 失敗しない人などいない

    失敗をしない人などいない

にほんブログ村 経営ブログへ

ページ上部へ戻る