人間の怒りの殆どは皆が私の為にやってくれないという自分勝手な思いからである

怒りは自分勝手な思いから始まる

怒るという感情の
原因を探ってみると
結局、自分の思うとおりに
他人が動かないことにあります

自分で相手に勝手な期待をして
自分で勝手に相手に裏切られたと思い
自分で勝手に怒っているのです。

怒りの原因は全て自分にあることを
まず、知っておくことです。

そうすれば、怒りの感情に
振り回されることなく
過ごすことができるのです

怒ることは自分で毒を飲むのと同じ

感情的になって怒ることは、けっしていい結果にはつながりません。それどころか、ほとんどの場合、最悪の結果につながるものです。怒りは、他人だけではなく、自分自身も破壊してしまうものなのです。

だから、人は何があっても怒るべきではないのです。怒りによって、傷つけるのは、怒りを向けた相手だけではなくて、周囲の人間と自分自身までも含まれるのです。

理由はどうあれ怒ることは、自分で毒を飲むのと同じなのです。他人にむけて毒を吐いたつもりでも、一番最初に自分がその毒を飲むことになってしまうのです。

【運命を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧

error: Content is protected !!