如何なる時も人を罵ってはならない

人を罵ってはならない

どんなひどい目にあっても
人を罵ってはいけません。

感情を露わにすることは
自分の中の怒りの感情を
増幅するからです

増幅された感情は
怒りをさらに増幅します

そして、この増幅された怒りは
さらに感情を増幅させ
最終的には、自分をも破壊していきます

だから、人はどんな時であっても
怒ってはいけない、
相手を罵ってもいけないのです

怒りの感情が起こったら
それを冷静に見つめ静まるのを待つのです

感情は一時的なものですから
時間とともに、静まっていくものだからです

怒ることは自分で毒を飲むことと同じ

感情的になって怒ることは、けっしていい結果にはつながりません。感情的に物事が解決することはありえないのです。一見解決しているように見えても、より大きな問題が新たに起きてしまうものです。

ほとんどの場合、怒りは他人だけではなく、自分自身も破壊してしまいます。だから、何があっても怒るべきではないのです。怒りによって、傷つけるのは、怒りを向けた相手と自分自身です。

理由はどうあれ怒ることは、自分で毒を飲むのと同じなのです。他人にむけて毒を吐いたつもりでも、最初に自分がその毒を飲むことになってしまうのです。

【運命を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧

error: Content is protected !!