失敗の原因を他者にあると思う人は成功できない

失敗の原因を自覚できれば進歩がある

失敗の原因は、それがなんであれ
全て自分にその責任があります

しかし、誰もが
これを認めたくありません

ついつい、誰か
他人のせいにしたがるのです

自分は悪くない
悪いのはあいつだ

これが一番成功を 遠ざけることです

他者のせいにしているうちは
何も学ぶことはできないし
進歩できないのです

進歩の無いところに成功はありません

失敗の責任を自覚するところに
成功のための進歩があるのです

自分の人生の責任を取るのは自分自身

結局のところ、自分に起きるすべての出来事は、自分自身に原因があります。一見、他人のせいに思えることであっても、その原因は自分にあるものなのです。

しかし、誰もが自分の責任を認めたがらずに他人のせいにしたがります。こうなると、あとは、すべて周りが悪いと怒りの感情だけで行動しがちになります。

自分自身の原因を認められない限り結果は変えることができません。常に他人のせいにして、結局、嘆いてばかりいます。他人のせいにすれば楽なのですが、それでは何も変えられないのです

自分の人生の責任を取るのは、自分自身でしかないのです。

【社長の運を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

スモールビジネス大全

関連記事一覧

error: Content is protected !!