人間は自分の心に合うものしか受け取らない

どんないい話を聞いても
どんなに素晴らしい本を読んでも
人間は自分の心に合うことしか
理解しようとしないし
受け取らないものです。

人は自分が欲するものだけを
無意識に選択して受け取ります。

だから、どうしても理解してもらいたいこと
どうしても受け入れてもらいたいことは
繰り返し、繰り返し、何度でも
伝える必要があるのです。

これは、言葉だけではありません。
行動や態度も含めて、何度も、
何度も繰り返す必要があるのです。

スマホの時代は、かえって知らないことが増える

スマホが普及して、ネットで誰もが簡単に情報を手に入れるようになると、欲しないものは、ますます見なくなります。
そうすると、自分の考えにあったことだけを検索して調べて受け取り、それ以外を否定しがちになります。
情報が増えたようでいて、むしろ情報が偏り、情報不足に陥ってしまっているのが現代です。
意識して、広く情報を手に入れない限り、むしろ情報不足になってしまうのです。

【運命を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

関連記事一覧

error: Content is protected !!