学校での成績は人生での成功にはつながらない

学校の成績は成功につながらない

いい学校を出たからといって、
人生は成功しません

学歴や成績と人生の成功とは
全く無関係といってもいいのです

学校の成績は人生での成功には
まったくつながらないものなのです

人生は、卒業してからの方が
圧倒的に長い時間があります

ですから、学校時代に失敗をしても
取り戻す時間はたくさんあるのです

過去の学校の成績にこだわるばかりに
人生でのもっと大事な部分を
忘れがちになったのでは本末転倒なのです

優等生の価値はどんどん下がっている

そもそも、失敗をしない人間はこの世に存在しません。誰であっても、何かに取り組めば、必ず失敗することがあるのです。たかだか学校での失敗など、まだ社会に出る前のことですから、失敗のうちに入りません。

そもそも日本の学校では、先生の言うことを聞くように教えられ、教科書に書いてあることを疑わず暗記して、その通りに答えることができるように求められます。そして、その基準で、期末試験や入学試験が行われ成績優秀者は褒められて優等生として育ちます。この優等生が社会に出た時も、やはり、これまでの経験から、マニュアル通りに行いルールをしっかり守ることを大切にしようとしがちなのです。

大きな企業に就職して一つの歯車である場合は、マニュアル通りに仕事をきちんとできることが必要とされ評価されてきました。しかし、このようにマニュアル的な仕事は、今後ほとんどがAIに置き換わっていってしまいます。もはや、優等生であることの価値はどんどん下がっているのです。

【社長の運を開く言葉】
書:瑞雪 文:井上 剛(ごう)

お金の原理幸福の原理

関連記事一覧

error: Content is protected !!