小さなお店や会社、個人事業が取るべき戦略とは

小さなお店が取るべき戦略とは

個人事業や小さなお店や会社の経営の本質とは、すなわち自分の好きなこと、やりがいのあることを仕事にして、小資本で行なうビジネスだということです。

仕事 = 生きがい

これまでの仕事のやりかたとは、「仕事 = 生きるための手段」でした。
しかし、これからの時代は、それを、「仕事 = 生きがい」にしていくことが求められていきます。

仕事を生きがいと重ね合わせる為には、自分の使命や生きがいからビジネスを創造することが最も簡単な近道となります。
その為に最適な規模が、小規模事業ということになります。

小さなお店のビジネスとは、ただ小さいだけのビジネスと思われがちですが、実際には規模の問題ではなく、その基本的な思想が根本にあって、そこから決まってくる事業規模と言えるのです。

小さなお店の取るべき8つの戦略とは?

私は、この小さなお店や個人事業者が繁盛するために取るべき戦略を次の8つと考えています。

(1)大金を集めない(集めることを目的としない)
(2)拡大志向ではない
(3)経営者のアイディアと情熱と信念による経営
(4)強みに特化する
(5)楽しんで仕事ができる
(6)長続きする
(7)顧客と共に成長する
(8)天職に生きる

これを「スモールビジネス戦略」と呼びます

小さなお店ときくと、多くの人は中小零細企業や個人商店を思い浮かべるかと思います。
これは、至極当然の思考です。

しかし、ここでいう小さなお店とは、そういった単純なものではりません。
だだ小さいだけのビジネスというものではなく、自分の使命や生きがいから創造するビジネスのことを言います。

現代日本の多くの人は、仕方がないから、あるいは他に何もできないから会社に勤めている、あるいは家業を継いでいるという状態です。

これは、街を歩いている人を見るとよくわかります。
ほとんどの人が眉間に皺を寄せて、苦痛を感じているかのように歩いているのです。

そこには、その人本来が持って生まれた使命や生きがいといったエネルギーをまったく感じることはできません。
仕事をすることで、すり減らさせ、疲れ切ってしまっているのが現代の日本人の姿なのです。

仕事は、そんな甘いものじゃない?

残念なことに、これまでの仕事の常識は
「仕事はそんな甘いもんじゃない!」
「仕事だからタイヘンなのは当たり前!」
「仕事だから我慢しなければいけない!」
こういったものでした。

しかし、それは本当でしょうか?
私は、そうではないと考えています。

また、その反面、
「好きなことを仕事にできる人は幸せだ!」
こういった言葉も耳にしますよね!

人生の中で仕事をしている時間は、8時間つまり1日の1/3にもなります。
これだけの時間を我慢と苦痛の中に置くことははたして本当に幸せなことなのでしょうか?

そうではなくて、自分のやりたいこと、得意なこと、そして、人生の目的を仕事にできたら、その人の人生はより輝いていくはずです。
そこで、「自分の使命や生きがいから創造するビジネス」を小さなお店や会社が取るべき戦略と位置づけスモールビジネス戦略として定義し、こういった仕事の仕方を薦めているのです。そして、その経営ノウハウやマーケティング手法を詳しく解説しているのが『千夜一夜ビジネス経営講座』になります。

しかし、こういった話を聞くと、あなたは、こう思われたと思います。
「そんな、上手いこといくわけがない」と!

私たちは、残念なことに仕事とは大変なものという先入観念を持ってしまっていて、生きがいを仕事になんかできっこないと思い込んでしまっています。

だからこそ、どうすれば、仕事=生きがいにできるかを知る意義が大きいのです。

こういったスモールビジネス戦略は
こちらで学べます。⇒『千夜一夜ビジネス経営講座』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

井上 剛(ごう)

運命を開く言葉

  1. 未来は期待するか、心配するかで違ったものになる

    未来は期待するか、心配するかで違ったものになる

  2. 去り行く全ての人と物とに感謝出来た時に、新しき人と物が現われる

    去り行く全ての人と物とに感謝出来た時に新しき人と物が現われる

  3. 何処かにあるチャンスに囚われず、身近にこそあるチャンスを捉える

    何処かにあるチャンスに囚われず、身近にこそあるチャンスを捉える

  4. やる気が出ない時は、先にやる時間のほうを決めてしまう

    やる気が出ない時は、先にやる時間のほうを決めてしまう

  5. 過ぎ去ってしまったことは気にしない。つまらぬ取り越し苦労はしない

    過ぎ去ってしまったことは気にしない。つまらぬ取り越し苦労はしない

  6. 成功するために他人と競う必要はないのである

    成功するために他人と競う必要はないのである

  7. 幸福とは得るものではなく感じるものである

    幸福とは得るものではなく感じるものである

にほんブログ村 経営ブログへ

ページ上部へ戻る